忍者ブログ
落語のブログではありませんのであしからず。
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども。
よたろうです。

ちっくしょー、また天気悪いでやんの。
でも、他にすることないからまたまた長野市某所へ行ってまいりましたです、ハイ(^^;ゞ

まずは昨日と同じ場所を、さらに詳細に歩き回ってみましたが、案外狭いエリアでして、あっという間に検分は終わってしまいました。
出てきたのはカラの混群とアトリ、マヒワの群れ。

と、ナゾの猛禽。

いやね、カラ類がやたらと騒ぎ立てたんですよ。それも3回も。
おいらが近くにいたからってワケではないようなんですね。その時はごく普通の騒ぎ具合というか何というかだったんですが、その「3回」の時はもうヒステリックというか命がけというか。トーンが一気に2倍以上に跳ね上がった感じでした。
残念ながら、猛禽らしき姿さえも確認できなかったんですが、ハイタカ系が出現か?と思わせる事件でした。

で、その後は県道沿いの林道をぶらぶらと。
その頃には雪もかなり繁くなってきましてねぇ。
こちらではカラ類プラスツグミ、ウソといった面々がご出没になられまして。

まぁ、天気のわりにはいい鳥見ができたかな、と。

<カラマツにツグミ>
最初通りかかったときには、ツグミが1羽、寂しそうにとまってるきりだったんですが、30分ほどして帰りに通りかかったら、12羽になってました(^^;ゞ
特に意味はありませんが、赤丸以外はモノクロにしてみました(笑)



で、書き忘れ。
いやもうホントに「アルツハイマーか?」と心配になってきました。
昨日、飯綱高原某所を車で移動中、ハイタカを見てしまったとですよ。
ゆっくりと走らせてたとき、後ろから追い抜くような形で目の前の梢に向こう向きにとまりました。よって、背中と眉斑はバッチリですただ(笑)
かなり小柄な感じがしたので、個人的には「♂かや?」と思ってます。
目の前過ぎてデジスコできんかったのが悔やまれますが、その場で車から降りればまず間違いなく飛んでしまったでしょう。
そうすりゃ、じっくりと眺めることもできなかったわけで。

ところで、アルツハイマーかどうか調べてもらうには、ナニ科を受診すればよかとですぢゃろか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
url
コメント
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
下界から
昨日はすっかり雲で覆われた山を眺めておりました。あの白いガスに包まれた山懐をよたろうさんが歩いているのではないかなどと想像しながら。

ハイタカの眉斑までばっちりとはうらやましい。そんな近くで見たことないです。アレはハイタカと言われて、そうか。というくらいの出会いしかありません。

山はすっかり白くなりましたね。
ねこしゅ URL 2006/12/11(Mon)22:10:52 編集
Re:下界から
一番雪のひどい時間帯に歩いていたようです。ただ、そのわりには鳥の方もあちこちほっつき歩いていたようで。
種類は少なかったですが、数はそこそこ見られました(^^;ゞ
しかし、あのツグミたちはカラマツで何をやっていたんでしょうかねぇ。近くには雪のしのげそうなスギ林とかもあったのに。

ハイタカ、探鳥会のときにも出ていたようですんで、もしかしたら居付いてるかも知れませんよ。
とまってるハイタカ、おいらもまだ(たぶん)3回目です。
【2006/12/12 22:29】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
天気予報
ブログ内検索
アクセス解析
ご来訪者数
忍者ブログ [PR]