忍者ブログ
落語のブログではありませんのであしからず。
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スジカミキリモドキとシラフヒゲナガカミキリ

いやいや。
なんとも手間のかかることですが、やっとこ、この二つの名前が判明しました。

シラフヒゲナガの方はその道の方に教えていただきましたが、カミキリモドキの方は「カミキリモドキではないかい?」という示唆をいただき、自力で何とか調べをつけることができました。
まぁ、間違ってる可能性の方が大きいかもしれませんが(^^;ゞ

ってゆーか、この調べてる時間ってのも、なかなか至福なわけでして。
最近ムシにはまりつつあるのも、この「至福の時間」を過ごしたいがため、かもしれません(^^ゞ

図鑑をひっくり返し、穴が開くほど写真に見入り、ネットであちこち探し回ってやっと正体がつかめた時の喜び、これがあるから野遊びをやめられないわけでして。

元々が非常に飽きっぽいおいら、こんな楽しみでもなければ、もうとっくにこんな遊びはやめてますね、きっと。

スジカミキリモドキスジカミキリモドキ。
昼飯を食ったところにあったヤマハハコで発見。オリーブがかった胸部/頭部とワインレッドの前ばねが美しかったとです。

シラフヒゲナガカミキリシラフヒゲナガカミキリ。
帰り際、向こうから飛来しておいらに衝突しました。そのまま飛び去るかと思ったら地面にポトリ。
甲虫って、案外飛ぶのヘタなんですよね。


カミキリモドキの「モドキ」は「似て非なるもの」の意で、要するに、似てるけどカミキリぢゃないのよ、ってワケですな。
植物の世界では「イヌ」だの「キツネ」だのとつくことが多いのですが、一見イヌに見える動物に「イヌ」とつけたり、キツネに非常に似ている動物に「キツネ」とつけたりはしないようです。
だぁってぇ、「イヌイヌ」とか「キツネキツネ」ぢゃオカシイぢゃん(^^;

シラフヒゲナガカミキリの「シラフ」は白斑のようですね。間違っても「素面」ではありません。シュラフの転訛でもありません(^^;ゞ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
url
コメント
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
天気予報
ブログ内検索
アクセス解析
ご来訪者数
忍者ブログ [PR]